治療について
お知らせ
お知らせ一覧を見る

寝違い、ぎっくり頸、ぎっくり背中

「あたっ!やってしまった」という経験は皆さんにもあるのではないでしょうか?
「寝違い」やもっと酷い「ぎっくり頸」や「ぎっくり背中」を経験している人も多いのではないでしょうか?
「寝違え」は東洋医学的な診察では体重節痛を主る「脾経」が弱った時に多いものです。
脈を拝見してみると「脾虚証」という消化器が弱っている事がとても多いのです。

また、「ぎっくり頸」や「ぎっくり背中」では筋肉を主る肝経に異常をきたしているケースがとても多いです。
この様な東洋医学的治療を当院では必ず加えている事で、局所へのアプローチ、プラスαの速やかな効果が期待出来る事がとても多いです。
お悩みの方は早めの当院の受診をお勧めします。