治療について
お知らせ
お知らせ一覧を見る

むち打ち症(頸椎捻挫)

大体は、交通事故、転倒、など強い衝撃により発症します。当院には急性で来るケースが非常に多く、交通事故のケースでは、肩甲骨の間や背中、更には腰まで捻挫を伴っているケースも少なくないです。

所謂「全身打撲」の状態です。当院ではこの様な酷い急性外傷や骨折が疑われる場合、当然、病院での検査を最優先して頂きます。
そして、その結果に基づき、痛みを取る治療を行って行きます。患部が熱を持っている場合には、氷嚢や冷シップ等でアイシングを行います。
慢性になってきた場合には患部を温める事が中心となってきます。

そして、急性、慢性を問わず刺絡を行い患部にしっかりと鍼を刺して行きます。
そして、施術終了後にキネシオテープでテーピングを行います。必要であればカラーの着用をおすすめします。