治療について
お知らせ
お知らせ一覧を見る

頸椎ヘルニア

頸が痛いという事から始まり腕にしびれや痛みが出て来ます。
肩甲骨の間も鈍痛が出て来ます。頸が痛くてちょっと動かす事も辛くなります。

頸の伸展テストでは陽性を示しますし、その他の症状の訴えでおおよその見当は付きます。
しかし、病院でMRIをしっかり撮って頂き、診断後に治療を行って行く事をお勧めしております。

鍼灸の場合は完治まで結構、長く掛かります。週1回~2回の通院は痛みが軽減するまでは必要です。
例え病院の硬膜外ブロックや痛み止めを投与してもなかなか効かない事があったり、硬膜外ブロックはとても効きますのでこの様な時には必要ですが、時間が経つとまた痛くなったりするものなのです。そんな時に鍼灸も併せて行っておくと「痛いけど動かせる」とか「とても動かすのが楽で痛みが気にならない」という風になります。

こんな時に鍼灸をやったのとそうでないのとでは明らかに直りの速さとその後の動作に差が出てくるので辛くてもしっかり通って早めに治癒されます様に当院ではお伝えしております。