治療について
お知らせ
お知らせ一覧を見る

坐骨神経痛

主に椎間板ヘルニアの随伴症状として起こります。
椎間板ヘルニアとは神経に軟骨が触れるために神経が炎症を起こす病気です。
その、神経の川で言うならば下流域に流れ着く所が坐骨神経なのです。
痛みの為に神経過敏となっており、早めに痛みを取り除く事が大切です。
そして温めて神経を太くし、血行を良くする事が大切です。
鍼はとても長い鍼を使用していきます。
そして、軽くなってきたらマッサージ、ストレッチを繰り返します。